保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


告白します。仕事探し中なら、自己分析(自己理解)をしておくといいのではと人材紹介会社で聞いてリアルにトライしてみた。しかし、残念ながら何の役にも立たなかったということ。
就職が、「超氷河期」と最初に命名された時期の若者たちは、マスコミが報道する内容や社会の動向に引きずられるままに「働く口があるだけで稀有なことだ」などと、仕事に就く先を決定してしまった。
就職説明会から参加して、筆記での試験や何度もの面接と進行していきますが、それ以外にも様々な企業でのインターンシップや卒業生訪問、採用担当者との面接といった取り組みもあります。
やってみたい事や目標の姿を狙っての転職のこともありますが、勤務している所の思惑や身の上などの外的な素因により、仕事を変えなければならないケースもあります。
働きながら転職活動する時は、周囲の知人達に相談すること自体が微妙なものです。いわゆる就職活動に照合してみると、アドバイスを求める相手はとても限定的なものでしょう。

奈落の底を知っている人間は、仕事の際にもうたれ強い。その体力は、あなた達の誇れる点です。以後の仕事において、間違いなく役立つ日があるでしょう。
面接選考で気を付けてもらいたいのは、自身の印象。たった数十分の面接試験で、あなたの一部分しか把握できない。だから、合否は面接試験におけるあなたの印象に影響されるのです。
人材紹介をする企業といった紹介を行う会社では、クライアントに紹介した人があっさり退職するなどマッチングに失敗してしまうと、評価が低くなるから、企業のメリットやデメリットをどっちも隠さずに説明するのである。
面接選考に関しては、何が問題ありと見られたのか、ということを案内してくれる丁寧な企業などはまずないため、応募者が自分で改善するべきところを認識するのは、簡単だとは言えません。
会社の命じたことに従いたくないのですぐに退職してしまう。所詮、こんな思考回路を持つ人にぶつかって、採用の担当者は被害者意識を禁じえないのでしょう。

自らが言いたい事柄について、あまり上手に相手に話すことができず、とてもたくさん恥ずかしい思いをしてきました。これからでもいわゆる自己診断に時間をとるのは、もう既に遅すぎるでしょうか。
一般的には、職業安定所といった所の就職紹介で就職する場合と、世間でいうところの人材紹介会社で就職を決めるのと、二者をバランスを取って進めるのが適切かと感じるのです。
自分の能力をキャリア・アップさせたい。どんどんキャリア・アップできる場所へ行きたい、といった願いをよく耳にします。キャリア・アップできていないことを発見して転職情報を集め始める人が多数いるのです。
就職活動に関して最終段階に迎える試練、面接試験に関わることの説明いたします。面接試験⇒エントリーした人と会社の採用担当者による対面式の選考試験の一つである。
総じて会社そのものは、中途で雇用した人間の教育用の要する時間や費用は、なるべく抑制したいと思っているため、自分の能力で効果を上げることが要求されています。


当たり前だが上司は優秀ならば幸運。しかし見習えない上司であるなら、いかにあなたの力を売り込めるのか、あなたの側が上司を操縦することが、大事だと思われます。
【知っておきたい】成長業界であれば、絶好のビジネスチャンスに巡り合うことがある。そのため新規に事業を始めるチャンスもあるし、子会社を設立したり、大事なプロジェクトやチームをまかせてもらえる確率が高くなる。
通常、会社とは、働いている人間に収益の全体を返還してはいません。給与に値する現実の労働(必要とされる労働)は、せいぜい実際にやっている仕事の半分かそれ以下程度でしょう。
就職説明会から列席して、筆記テストや度々の面接や歩んでいきますが、別のルートとして夏休みを利用してのインターンシップや卒業生を頼んで訪問したり、リクルーターとの面接などの切り口もあります。
「筆記する道具を所持すること。」と載っていれば、紙でのテストの可能性がありうるし、「懇親会」と記載してあれば、小集団での論議がなされる確率が高いです。

ストレートに言うと就職活動をしている最中に自己分析(キャリアの棚卸)を経験しておくと強みになると指導されて分析してみた。正直に言って残念ながら何の役にも立たなかったと聞いている。
企業選定の展望は2つあり、片方はその会社の何に心をひかれたのか、また別のある面では、自分自身はどのような仕事をして、どのような生きる張りを収めたいと考えたのかという所です。
現実は就活で、エントリー側から働きたい各社に電話をかけるということはわずかで、応募先がかけてくる電話を受けなければならないことの方がかなりあります。
例えて言うなら運送業の会社の面接において、いくら簿記の1級の資格を取っていることを伝えても全然評価されないのであるが、事務職の面接の場合ならば、高い能力をもつとして期待されることになる。
どんな苦境に陥っても最優先なのは、あなた自信を信じる強い気持ちです。絶対に内定を貰えると願って、あなたらしい一生をきちんと踏み出して下さい。

続けている就職のための活動を一旦ストップすることについては、不利になることが見受けられます。今現在は募集をしている会社も求人が終わってしまうこともあると断言できるということなのです。
今の仕事の同業者の人に「家族のコネのおかげでシステムエンジニアを退職して、この業界に転職してきたのだ。」という異色の経歴の男がいるのだが、その人の体験によればシステムエンジニアとして働いていた時のほうが百倍も楽だったということです。
世間一般では最終面接の場で問いかけられるのは、それ以前の段階の面接の機会に既に聞かれたようなことと繰り返しになってしまいますが、「志望理由」がかなり有力なようです。
緊迫した圧迫面接で、いじわるな設問をされたケースで、我知らずに腹を立ててしまう人がいます。そうしたい気持ちは分かりますけれども、気持ちをあからさまにしないのは、社交上の常識といえます。
企業での実際に働いた経験を持っている人なら、職業紹介会社でもかなり利用価値がある。なぜなら新卒者ではなく、人材紹介会社によって人材を求めている会社のほとんどは、即戦力を希望しているのです。


外資系企業で労働する人は、あまり珍しくない。外資系の会社と言えば、少し前なら中途採用のすぐに戦力となる人間を採用するようなイメージがありましたが、近頃は、新卒の入社に野心的な外資系も目に留まるようになってきている。
沢山の就職試験に挑んでいるうちに、惜しくも採用とはならない状況が続いたせいで、最初のころのやる気があれよあれよと下がることは、どんな優秀な人でもよくあることです。
売り言葉に買い言葉ということで、「こんなところもう辞める!」こんなセリフを吐いて、感情的に退職する人も存在するけど、不景気のときに、かっとなってしまっての退職は馬鹿がすることです。
「自分の特性をこの職場でならば使うことができる(会社のために寄与できる)」、そのような理由で先方の会社を希望しているというような動機も、一つには要因です。
この先、上昇が続くような業界に就職先を探したいのなら、その業界が本当に成長中の業界なのかどうか、急激な展開に適応した経営が運営できるのかどうかを確かめることが必要なのです。

目的や理想的な自分を目標にしての商売替えもあれば、勤務場所の理由や通勤時間などの外的な素因により、仕事を辞めなければならない事例もあるでしょう。
会社というものは雇用している人に対して、どれくらい優位にある条件で雇われてくれるかと、早いうちに企業の直接の利益貢献に連動する能力を、機能してくれるのかだけを待ち望んでいます。
やはり、わが国の誇る技術のかなりの割合のものが、地方の中小零細企業の町工場で生まれていることは周知の事実で、年収金額も福利厚生も魅力的であるなど、調子の良い企業だってあります。
多くの原因のせいで、転職したいとひそかに考えている人が凄い勢いで増えている。だが、転職すると決めたはいいけれど、再就職した後の人生に今までとは大きな差が出るケースも少なくないというのが現実だと把握しておくべきです。
実際、就職活動において、詳しく知りたいのは、その企業の雰囲気または自分の興味に合うかなどが主流で具体的な仕事の中身とは違い、応募先自体を把握したい。そう考えてのものということだ。

現在の業種を変更するほどの覚悟はないけど、どうにか月々の収入を多くしたいような際には、何か資格を取得してみるのも一つの手段ではないでしょうか。
就職したまま転職のための活動をするケースでは、周りにいる人に考えを聞くことも微妙なものです。仕事を辞めてからの就職活動に照らし合わせてみると、話を持ちかけられる相手は少々範囲が狭くなる事でしょう。
自分も就職活動の最初の時期は、「合格するぞ」と本気だった。けれども、数え切れない程不採用の通知ばかりが届いて、近頃ではすっかり面接会などに出席することすらできないと感じているのが本当のところです。
あなた方の周囲には「希望がはっきりしている」人はいないでしょうか。そんな人こそ、会社にすれば役立つ点が具体的な人間と言えます。
就職の選考試験の一つに、応募者をグループにしてグループディスカッションを実施しているところは結構あります。これは普通の面接だけでは引き出せない個性や性格などを観察するのが目的です。

このページの先頭へ