保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


一口に面接といっても、非常に多くの種類のものが見られます。このホームページでは個人面接、集団での(複数の応募者が参加するもの)面接、そしてグループ討議などを掘り下げてお話しているので、確認してみてください。
「就職を希望する会社に相対して、あなたそのものという人物を、どうしたら優秀で華麗なものとして売りこめるか」という能力を努力しろ、ということが近道なのである。
それぞれの企業によって、業務内容や自分の望む仕事も様々だと想定しますので、就職の面接の時に売り込みたいことは、その会社により違っているのが必然的なのです。
賃金そのものや処遇などが、どの位厚くても、仕事をしている環境自体が劣悪になってしまったら、またしてもよそに転職したくなってしまうかもしれません。
転職を考慮する時と言うのは、「今いる仕事よりもずっと高待遇の企業があるのではないか」というふうなことを、100パーセント誰でも想像することがあるはずです。

一般的に退職金であっても、いわゆる自己都合の人は会社ごとにもよるが、基本的に解雇と同じだけの額はもらうことができませんので、退職するまでに転職先を見つけてから退職するべきなのです。
電話応対であろうとも、面接試験のうちだと意識して応対するべきです。反対に、企業との電話の応対とか電話での会話のマナーがよいと感じられれば、同時に評価が高くなるのです。
就職したい会社が確かに正社員に登用してくれる企業なのかそうでないのか見極めてから、可能性を感じたら、一先ずアルバイトやパート、派遣として働きつつ、正社員になることを目指していただきたい。
世間一般ではいわゆる最終面接で口頭試問されるのは、以前の個人面接で既に問われたことと二重になってしまいますが、「当社を志望した理由」が大変有力なようです。
同業者に「家族のコネを使ってシステムエンジニアだったけれど、この業界に転職した。」という異色の経歴の男がいて、その彼が言うにはSEをやっていたほうが百倍は楽していられたとのことです。

人材紹介・仲介の会社では、就職した人が急に会社を辞めるなど失敗してしまうと、自社の人気が悪化しますから、企業のメリット及びデメリットをどちらも隠さずに説明するのである。
次から次に就職試験を続けていくと、無念にも不採用とされてしまうことがあると、十分にあったやる気が次第に落ちていくことは、誰にだって起きて仕方ないことです。
実のところ就職試験の過去の出題傾向などを関連図書などでちゃんとリサーチして、対策を準備しておくことが大事です。そういうことなので各々の試験の要点とその試験対策について詳しく解説しています。
先々、発展が続きそうな業界に勤務する為には、その業界が現実的に成長中の業界なのかどうか、急速な発達に対処した経営が切りまわせるのかどうかを見定めることが大事でしょう。
公共職業安定所といった所の求人紹介を頼んだ人が、該当企業に入社が決まると、条件(年齢等)によって、当の企業から公共職業安定所に就職仲介料が払われるのだという。


【就職活動の知識】成長中の業界には、魅力的なビジネスチャンスがとてもたくさんある。新規事業開始の機会もあれば、子会社や関連会社を設立したり、大切なプロジェクトやチームなどの責任者などを任される可能性が高くなることが多いのです。
どうしてもこの仕事がやりたいというはっきりしたものもないし、あの仕事もこの仕事も良さそうと迷ったあまり、しまいには本当はどんな仕事がしたいのか面接の際に、整理できない人が多い。
私自身を成長させてキャリアを積みたい。どんどん向上できる場所でチャレンジしたい、。そんな申し入れを伺うことがしょっちゅうあります。キャリア・アップできていない、それに気づいて転職を考える方が非常に多い。
もう無関係だからという立場ではなく、ようやく自分を目に留めて、その上内定まで受けたその企業に対しては、誠実な受け答えを努力しましょう。
就職面接において、緊張せずに最後まで答えるというためには、一定以上の経験が求められます。それでも、そういった面接などの場数をまだ踏んでいないときには相当緊張するものです。

人材紹介・仲介においては、就職した人が早く離職等の失敗があると、人気が悪くなるので、企業のメリット及びデメリットをどっちも正直に伝えているのである。
企業の選考試験において、応募者だけのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を実施している企業が多くなってきている。これは普通の面接だけでは引き出せない性質を確認するのが主旨だろう。
就職したまま転職活動していく場合、近しい人達に助言を得ることも困難なものです。普通の就職活動に比較すると、相談を持ちかけられる相手は相当少ない人数になってしまいます。
威圧的な圧迫面接で、底意地の悪い質問をされたような時に、図らずも腹を立ててしまう人がいます。気持ちに同調はしますが、素直な気持ちを秘めておくのは、社会における基本事項です。
本音を言えば、日本の誇れるテクノロジーの大部分のものが、中小零細企業の小さな町工場で開発されていますし、手取りも福利厚生も十二分であるなど、羨ましい会社だってあるそうです。

第一の会社説明会から関わって、筆記でのテストやたび重なる面接と順番を踏んでいきますが、別のルートとして具体的なインターンシップや卒業生訪問、採用担当者との面談などによる働きかけもあります。
「素直に本音をいえば、転職を決意した最大の要素は年収にあります。」こういった場合も耳にしています。とある外資系会社のセールス担当の30代男性のケースです。
企業ならば、個人の関係よりも組織の成り行きを主とするため、往々にして、不合理的な人事異動がよくあります。もちろん当事者にしてみれば不満足でしょう。
通常、自己分析が不可欠だという人のものの考え方は、自分と馬が合う就職口を見つける上で、自分自身の美点、関心を持っている点、売り物を意識しておくことだ。
一部大学を卒業したときに、新卒から外資系の企業を目論むという方もいますが、やっぱり現実的には多いのは、とりあえず日本企業で勤務して実績を作ってから、30歳あたりで外資系企業に転身というパターンである。


自分を省みての自己分析が必需品だという人の受け取り方は、自分と馬が合う職務内容を探す上で、自分の良い点、やりたいこと、うまくやれることを意識しておくことだ。
まず外資系会社で働いていた人の大多数は、以前同様外資の実務経験を持続する色合いが強いです。言い換えれば外資から日本企業に勤務する人は、とても珍しいということです。
いわゆる企業は働いている人間に向けて、どんなに好ましい条件で就職してくれるかと、早期の内に企業の現実的な利益アップに影響する能力を、発効してくれるかのみを当てにしていると言えます。
代表的なハローワークの就職紹介をしてもらった場合に、そこの職場に入社できることになると、年齢等によるが、その先から職業安定所に対して仲介料が振り込まれるとのことだ。
新規採用以外で就業するには、アルバイトでも派遣でも「職歴」を作っておいてそんなに大規模ではない企業を狙い定めて就職面接を受けるのが、全体的な抜け穴なのです。

第一志望の企業からの内々定でないからということなんかで、内々定の返事で悩む必要はありません。すべての活動を終えてから、首尾よく内々定をくれた企業から選ぶといいのです。
会社の方針に不服なのですぐに仕事を変わる。言いかえれば、こんな思考経路を持つ人に向かい合って、人事担当者は疑心を持っていると言えます。
おしなべて企業というものは、社員に利益全体を返してはいません。給与に値する本当の仕事(必要とされる仕事)は、正直なところ実施した労働の半分以下でしょう。
就職活動のなかで最後に迎える関門、面接による試験のいろいろについて解説させていただく。面接というのは、応募者であるあなたと職場の人事担当者との対面式での選考試験の一つということ。
最近就職活動や転職するために活動している、20才から30才の代の親からすると、堅い職業である公務員や人気ある一流企業に就職できることが、上首尾だと考えるものなのです。

しばらくとはいえ活動を途切れさせることについては、難点があるということも考えられます。現在だったら応募可能な会社も求人が終わってしまうケースもあると言えるということです。
本音を言えば仕事探し中なら、自己分析(自分のキャリアの整理)を済ませておくといいだろうと助言されてためしてみた。しかし、本当のところ聞いた話とは違ってまったく役に立たなかったと聞いている。
無関係になったといった観点ではなく、骨折りして自分を受け入れて、入社の内定まで決まったその会社に対しては、真面目な受け答えを努力しましょう。
次から次に就職試験に挑戦していると、不本意だけれども不採用になる場合ばかりで、高かったモチベーションがあれよあれよと下がることは、誰でも起こることなのです。
「自分自身が現在までにトレーニングしてきた特別な能力や才能をばねにして、この業務に就きたい」というように自分と突き合わせて、とうとう担当の人に理路整然とあなたのやる気が伝わります。

このページの先頭へ